生活保護 医療費 介護保険

特養老人ホームなどの居宅介護支援費以外の場合、生活保護を受けられれば収入により全額支給を受けられます。

しかし介護保険だけですと1割は自己負担にしなければいけません。

その違いが要点です。

生活保護法以外の医療費公費負担制度が利用できる場合には、その給付を優先しますとあります。

ですから内訳はすでに介護保険の被保険者である場合は9割介護保険で出してもらいあとの1割を生活保護費の介護扶助で出してもらいます。

もちろん介護保険の被保険者でない場合は全額生活保護の介護扶助から出してもらえます。

要するに内訳上面倒ですが結局の所生活保護申請が通った人は居宅介護支援費以外も全額支給してもらえるという事ですね。

タグ

生活保護 医療費 交通事故

生活保護の医療費の基本は生活保護法以外の医療費公費負担制度が利用できる場合には、その給付を優先します。
交通事故にあった場合は自賠責保険というものがあります。

交通事故に遭うと、その治療は加害者が加入している自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)によって、支払われることになります。
自賠責保険や任意の自動車保険で治療費が支払われる限り、生活保護の医療扶助は適用されません。

交通事故だけでなく、他人にけがを負わされた場合なども、加害者に対して損害賠償を請求する権利があるため、本来医療扶助の対象にはなりません。

タグ

生活保護 介護保険証

介護保険証とは市町村に認定の申請を行い要介護認定が通った人がその証明としてもっているる保険証です。
そして自己負担1割でケアプランにそった在宅サービスや施設サービスの利用ができるものです。

生活保護者である場合、他の医療費公費負担制度が利用できる場合には、その給付を優先します。
ですから支給される介護扶助はその残り1割です。
結果的に全額無料となります。

タグ

生活保護 医療費 医療券

ご存知の通り生活保護の医療費は生活保護法の「指定医療機関」であることが原則ですが診療を受ける時に医療券を医療機関に出さなければなりません。

医療券の発行方法は

・本人申請・・・・印鑑を持って福祉事務所の窓口

・医師による申請・・・・福祉事務所が交付する医療要否意見書を医師が提出、申請します。

と2通りあります。

この2つの違いは簡単に説明しますと風邪など数日で済むような場合は本人申請で入院など長引く場合は医師による申請となります。

タグ

このページの先頭へ